効果抜群のビーグレンで触りたくなる肌へ【あらゆる悩みに対応】

よく使われる成分とは

基礎化粧品

特徴的な成分を確認

ちょっとした刺激でもすぐに肌が赤くなる、痒みなどの肌トラブルが起こりやすいという人は、敏感肌化粧品でスキンケアを行ってみましょう。敏感肌化粧品は極力、肌への負担となるような成分が無配合となっており、敏感肌で悩んでいる人でも安心して使用できます。敏感肌化粧品を購入するという場合、よく使われている成分を事前に知っておけば、選ぶときの参考にしやすいのでおすすめです。敏感肌は肌が乾燥している人に起こりやすいため、敏感肌化粧品には保湿成分が多く使われている傾向にあります。1gで6Lもの水分をキープできるヒアルロン酸や、人の肌にも含まれる細胞間脂質のセラミドといった保湿成分が、敏感肌化粧品に良く使われる成分です。乾燥しやすく、しかも肌が敏感だという人はヒアルロン酸や、セラミドといった保湿効果の高い成分を配合した、敏感肌化粧品を選ぶと良いでしょう。また、敏感肌化粧品に多く使われている成分として、抗炎症作用の高い「グリチルリチン酸ジカリウム」も有名です。甘草という植物から作られる成分で、肌の炎症を鎮める作用が高いグリチルリチン酸ジカリウムは、肌が赤くなりやすいという人に向いています。これらの成分は化粧水などの基礎化粧品に多く使われるのが特徴で、敏感肌化粧品でも洗顔料の場合は、洗浄力がマイルドなアミノ酸系の成分が使われるケースが多いようです。このように敏感肌化粧品は基礎化粧品、洗顔料ともに肌への負担が少ない成分を配合しているのが特徴となっています。